back to TOP

admin |  RSS
先日お伝えしました「あまぎ鉄道様」との相互直通運転開始に向け、383系を増備しました。
夏と冬の繁忙期の増結用として、A100編成とA500編成が各1編成の増備です。
これで当社の383系はA0編成が3本、A100編成が2本、A500編成が2本の30両体制となりました。
4両~12両編成と柔軟な対応が可能となります。
列車名および運行形態については両社とJR各社にて協議中です。

2014_0920_01.jpg
「クモヤ143による構内作業」当社広報部撮影

※ 一部フィクションです。ご了承ください。

と、いった感じです。

383系は私がとても好きな車両で、時折増備してまして30両になりました。
A500編成(4両編成)を1本動力化してますので、基本の6両編成運用であれば4本で稼働可能です。
中古でモハ383のバラがまた出ないかなぁ^^; 一番いいのはラウンドハウスの動力化セットの再販があればですが。

単一形式で(機関車・客貨車を除く)一番の大所帯になりました。

先頭のクモヤはTさんから譲り受けた車両です。
Tさんの元では、マヤ34(高速軌道検査車)や、マルチレールクリーニングカー(線路をお掃除する車両)
などとサンドイッチして運転されていたそうです。
私の元でもTさんの思い出を尊重し、同一形態の運転を行ってます。
その他にも、上の写真のように構内入替などにも活躍し、安曇野車両センターで重要な存在です。

グリーンマックス製のキットで、動力もグリーンマックス製なのですが、
意外といっては失礼ですが、車輪の清掃程度で普通に動きました。なのでバラしていません。
ただ、ダブルクロスポイントでぎこちないので集電にやや難があるのかもしれません。

そこで魔法の液体の登場です。

2014_0920_02.jpg

私はこの液体をAさんから教えていただきました。
説明書によると、車輪に少量塗布して走らせると車輪からの集電能力が向上安定するとのことです。
ただし「油」ですので、多くつけすぎるとスリップして勾配が登れなくなる点に注意が必要なようです。
この液体のレールへの塗布には賛否両論があり、私には判断ができませんのでレールへの塗布はしていません。

ただ、集電能力が向上するのは間違いが無く、レールとの接点以外の集電部分(車軸や集電板)に、
爪楊枝などで微量塗布してあげるだけで集電不良のぎこちない車両もヌルヌルと滑らかに甦るケースが多いです。
特に、マイクロエースやグリーンマックスの動力車には有効だと感じます。
あと最近試した例では、DE10(小さなディーゼル機関車)が、
苦手だったダブルクロスをスルスルと通過できるようになりました。

クモヤ143にも塗布したところ、グリーンマックス製とは思えないウルトラスムーズな走行が可能になりました。
その効果もあってか走行音もかなり静かになりました。DE10もかなり静かになったので、
Nゲージ車両にとっていかに集電が大切かということを実感しました。

ただし、この魔法の液体、直径1.5cm x 高さ6cmのとてもよく転がる瓶です(笑)。
しかも10mlで3,000円近くするので、フタが開いたまま倒すと一瞬で3,000円程がパーです^^;
私なら絶対にやりかねないので、専用の置台をスタイロフォームの端材で作りました。

ブログには掲載していない車両が大量にありますので、「あずみ鉄道車両名鑑」として、
少しずつご紹介できたらと思います。今月下旬に信州モノが入線の予定です。

ついでに動画の試し撮りもしましたので、ご覧くださいませ。
曇天の薄暗い部屋での撮影ですが、スマホでの撮影より画質は良いかと思います。
仮設のレイアウトに作業中の雑多な風景な上に、下手な撮影ですがお許しください。

最近、ブログの更新が滞っておりまして申し訳ございません。
広報がサボっているらしく、叱っておきました。(広報も私ですが^^;)

車両導入に予算を注入し過ぎ、工事の予算と時間がなく今の所大きな変化はございません。

しかし、JAM(国際鉄道模型コンペティション)に視察に行き刺激を受けたり、勉強になりましたので、
近々工事の再開と、路線計画の練り直しを考えています。

続々と新規導入した車両はおいおい紹介していきたいと思いますが、
導入の過程など色々な意味で嬉しかったのはこちらの車両です。

2014_0820_01.jpg

201系「諏訪湖花火臨」仕様です。
Nゲージを引退されるマイミクさんから当鉄安曇野車両センターへ転属していただきました。
そのマイミクさんが一番大切にされ、拘って作製された車両を里子に出していただき感謝感激しております。
当鉄にて大切に運行と整備を行いますので、ご安心くださいね。

緑の多い黒沢支線にバーミリオンの201系がとても映えます。

しばらく車両メインの更新になるかと思いますが、あずみ鉄道をよろしくお願いいたします。
タキのカプラー交換が楽だった上に、連結部分の間隔が劇的に変わったのに味をしめ(笑)、
TOMIX製のコンテナ貨物車コキ106も同じ部品で交換してみることにしました^^

だが、しかし…

IMAG0151.jpg

台車(写真左下)のカプラー部分の構造が全然違う^^;
「フタ」(写真中央)付です(笑)。
こいつがなかなかクセもので、外すコツを掴むまで、
壊れるんじゃないかとビクビクしながらの作業でした。

先程のタキは台車を車体から外すだけで、
カプラーをひねって外して、ひねって付けるだけの単純作業ですぐ終わりましたが、
またしても「フタ」(笑)が行く手を阻みます。

カプラーとスプリングを組込み「フタ」をしようとすると、
カプラーが外れ、スプリングがピョ~~~ンと飛んでいくのです…。
スプリング捜索隊が何度出動したことか^^;

私が不器用なのが最大の原因ではあるのですが、
この「フタ」式には何かメリットがあるのでしょうか^^;

何度も捜索隊が出動したものの、無事回収には成功し、
やっているうちに何とかコツが分かるもので、何とか7両の交換が完了しました。

IMAG0152.jpg

↑ 先程のタキほどではないですが、かなり連結部の間隔が縮まりました^^b
カプラー交換済みの機関車で確認したところ、若干コキ側のカプラーが低かったでが、
運行には支障がなさそうです。

IMAG0153.jpg

↑ 交換した7両のコキ107とカプラーの山です(笑)
なかなかのイケ車になったので、好きなロクヨン(EF64形電気機関車)で走らせるのが楽しみです♪

勢いで、このあと…
スロ81系お座敷列車セット6両、
荷物・郵便列車「東海道・山陽」6両セット(この荷物車で少しハマりました…)も交換。
タキ、コキ合わせて27両の交換しました。

せっかく交換したのに走らせることができずに残念(>_<)

次はTOMIX製の機関車のカプラー交換という難題が…。
当鉄はKATO製の機関車が約8割を占めているので、KATOに合わせたいんですよねぇ。
どうする!?あずみ検車区長!^^;
貨車の連結部がちょっと広すぎるなと前々から思っていたのですが、
交換用カプラー(連結器)が手に入ったので、交換に挑戦してみました^^
まずは石油タンク車のタキ1000からです。

IMAG0145.jpg

上が交換前、下が交換後です。
連結部の間隔が半分近くに縮まりました(@_@)
かなりいい感じです♪当鉄の最少曲線であるR280でも全然問題ナシです。

この貨車のメーカー(KATO)専用品なので不器用な私でも交換も楽々でした。
電気機関車のEF64やEH200で牽引するのが楽しみです♪

これに味をしめて、他社製品のコンテナ車にも手を出します…つづく
アルピコ交通

在籍車両の中で異彩を放っている電車です。

最近いきつけにしているショップで見つけて衝動買いしたアルピコ交通の「なぎさTRAIN」です。
火曜サスペンス劇場で活躍する片平なぎさをラッピングした血みどろ電車です。(違いますw)

アルピコ交通のキャラクターである「渕東なぎさ」がラッピングされた3000形で、実在します。
新聞の記事でこのキャラクターのことやラッピング電車の存在は知っていたのですが、
模型化されていたことにビックリ!!

ご当地車両でもあるので貴重ですし、萌えにはあまり興味がないけど可愛い電車です♪

名前の由来は上高地線にある駅の「渕東」「渚」両駅からきてるとか。
両駅には等身大の駅名看板があるらしいです。

運良く動力ユニットやパーツが揃えられたので走行可能で、トコトコ走らせてます^ー^

しかし、この車両、塗装済キットとはいえ難儀しました。
説明書がアバウトであるのと多少のアレンジが必要な工程で、復帰者には難易度が高かった。
というか、自分の目が老眼化しているのを実感させてくれました^^;
Template by :FRAZ