back to TOP

admin |  RSS
 黒沢支線の近況  2014/07/28 (Mon)
本線の工事は全く進んでおりません…^^;
黒沢支線に工費と時間を費やしてまして、どっちが本線?状態です。
本線で使う予定だった資材も黒沢支線に投入されている有様。
それだけこの8の字レイアウトが気に入ってしまった証でしょう^^;
黒沢支線の改良が落ち着いたら本線の工事も進める予定です。

いままでレイアウトに背景が無く、ちょっとさみしかったのですが、
試作でちょこちょこっと簡単な物を作成してみました。
黒沢線は安曇野三郷地区を走っている設定ですので「常念岳」は欠かせません。
で、こんな感じに…↓↓

2014_0728_00.jpg

ちょっと山が近すぎますかね^^; 残雪が残る春~初夏の写真になります。
まぁ、何も無いよりは雰囲気がでますでしょうか。
ちょっとシワシワだったり、あきらかに何かで張り付けたような雰囲気がありますが…
種明かしするとこんな感じです…↓↓

2014_0728_01.jpg

A4の普通紙に印刷して、セロテープでつなげて、割箸を支柱にして付けただけです^^;
強風が吹けば確実に飛んでいきそうですが、お試し背景なのでこれで良しとします。
どんな感じになるのかなぁという試験的な背景です。
本番ではちゃんとパネルに貼り付けたいと思っています。
でも、意外と長く使えそう(笑)。

ちなみに真ん中の水色の発泡スチロール部分は、脱線転落防止のスペースです。
限られたスペースでのレイアウト故、線路がギリギリに設置されており断崖絶壁でしたので、
転落リスクを無くすために一部拡張しました。
黒沢駅の線路も断崖絶壁でしたが、こちらも一部拡張し工事を終えています。

動画をご覧いただいた方には黒沢峠の恐ろしさ(笑)を見ていただけたかと思いますが、
内側の黒沢コークスクリューの勾配の緩和工事を行いました(まだ工事中です)。

2014_0728_02.jpg

↑↑線路を引きはがし(作製していただいた方スミマセン!)、
勾配の開始地点を鉄橋の下付近まで下げ、全体的に勾配が緩くなるように調整しました。
何度も試走を繰り返しながらの調整で苦労しましたが、
トラクションタイヤがない2台車駆動車以上であれば逆走も可能になり、
ジェットコースター現象もほぼなくなりました。
トラクションタイヤがない片台車駆動車は一部上ることができないのが残念です…。
でも、下りの滑走はほぼ押さえられたので良しとしました。

↓↓まだ完工してませんが、現在はこんな感じです

2014_0728_03.jpg

路盤だけでなく、踏切が勾配区間に入ってしまい踏切も工事中です^^;
駅前に八百屋さんと純喫茶「オリオン」(笑)、踏切脇にお魚屋さん、町の奥には火の見やぐら、
少し町もにぎやかになりました。

もうしばらく、黒沢支線と戯れて、本線の工事の続きをしたいと思います。

(おまけ)

↓↓あずみ鉄道にSLが復活しました。高原のポニーことC56 144号機です。

2014_0727_01.jpg

ターンテーブルがないので、バック運転ができるC56がぴったりです。
この夏は「SLあずみの号」として稼ぎ頭になってもらう予定です(笑)。

COMMENT FORM
URL:
comment:
password:
Trackback
トラックバックURL: http://azumirailroad.blog.fc2.com/tb.php/30-c2165aa4
Template by :FRAZ